びわの会「定例会」

9月9日(月)びわの会の定例会が総合保健福祉センター分館会議室にて行われました。

今回のテーマはびわの会会員の男性による介護体験談をお話していただきました。

参加された中には、今回初めて参加された方もおられ、質問など交えながら参加されました。

体験談の中でも、「若年性認知症」「コミュニケーションの工夫」「家族などのサポート」「認知症の中核症状、周辺症状」など様々な話題が盛り込まれ勉強させていただきました。

びわの会では、井戸端会議や定例会の中で、会の活動紹介や新規の相談者の相談の場作りなど工夫をされながら、受け入れしていただいています。

当日はこんな様子でした↓
P1020575_convert_20130910095148.jpg

最近の相談のなかで、男性の介護者のかたがご自身で介護の悩みを抱え込んでしまわれるケースが目に付きます。

きっかけをなかなか持てず、当事者の会にもつながらずといった課題があります。

この日話をお聞きして、やはり社協事務局として当事者のかたがたの活動紹介の機会やPRのお手伝い、またケアマネジャーや関係機関にも目に見える形でのPRの方法を、会のかたがたと共に考えていく必要性を感じました。

後半でも、介護を経験されてきたからこそ話せるアドバイスや客観的な意見がたくさん出てきた中で、相談されているかたの緊張感がとれ、本来のそのかた自身のパーソナリティや持ち味が出て、暖かな雰囲気で時間が流れました。

この雰囲気を作り出せるのが「びわの会」の強みであると改めて実感しました。

認知症のかたの介護に関するご相談などあれば「びわの会事務局」までお電話下さい!

749-1575(びわの会 事務局)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する