豊能町介護者(家族)の会 20周年記念つどい

平成25年5月23日に豊能町立西公民館にて、

「豊能町介護者(家族)の会の20周年のつどい」が開催されました。

箕面市介護者家族の会の皆さんと参加してきました!

豊能町の介護者の会には男性もたくさんおられ、女性が縁の下の力持ちとなり、男性が会長、副会長の任に就かれています。

式典には、豊野町長、豊能町社協会長、その他大勢の来賓のかたの参加に加え、他市の介護者家族の会からも多くの参加がありました。

催しとして、アルファー音楽クラブのかたや、ときわ台老人クラブ寿楽会の皆さんによる出し物も盛り上がっていました!!

式典、出し物の様子↓
IMG_1400_convert_20130524111753.jpg

IMG_1403_convert_20130524111848.jpg


昼食をはさみ、第2部。
今回は、奥様が認知症ながらも、金剛山登山を登頂されるご夫婦が講師で来られていました!
「二人でめざす金剛山登山1万回 認知症を抱える夫婦の挑戦 ~登山は認知症に負けない為」
講師:富岡廣志、節子夫妻
IMG_1404_convert_20130524112006.jpg


現在も、金剛山登山と日々、腹筋20回、ヨガ、柔軟体操、ボール遊びを通して健康維持に努めておられ、

食事面での気遣いや、認知症の妻であるが節子さんの中に素の節子さんを垣間見る瞬間があるそうで、廣志さんが大切にされている介護観や日々の生活で大切にされていることを話されていました!!

少しのことでも声をかける、呼びかける事を大切にされ、その中で体力づくり、健康づくりをして

在宅介護を続けていくために最低限必要なことは日々していく強い気持ちを持っておられることに

驚くと共に感動しました。

中でも、「老々介護」を「朗々介護」にという思いで、日常で少しでも笑顔になれる工夫や声かけをされている

ことがご主人の介護と向き合う中で、自分たちも学ぶべき点が多いことと、考えていかなければならないことがあると改めて思いました。

介護者家族の会担当:Y
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する