第2回 心配ごと相談研修会

心配ごと研修会2
 6月18日、心配ごと相談の第2回研修会を開催しました。
「話を上手に聴く方法について」というテーマで、吹田市の傾聴ボランティアグループ「ほほえみ」長谷川さんにお話いただきました。
 長谷川さんは、老人ホームで入所者と話をするボランティア活動から、話をする時にきくことの大切さを認識し、傾聴の勉強をはじめられたそうです。
 講義では、問題を解決するのは本人。相談する人は、すでに答えを持っている。聞き手は、それを受け止め、整理し、本人に気づいてもらうことが役割と話されました。

 この話を聞き、共感しないとと思いながら、つい自分の意見を言ってしまっている自分に気づきました。改めて、きくことの奥深さを感じました。
 相談員の皆さんからも、たくさんの質問が出され、非常に参考になったようです。
講師の長谷川さんありがとうございました
  
ちなみに、箕面でも今日から、傾聴ボランティア養成講座がスタートしています。 
詳細は → こちら
関連記事