萱野小地区福祉会 防災研修会

平成24年3月4日(日)萱野小地区福祉会主催 防災研修会がらいとぴあ21で行われました。
この日は大阪教育大学の名誉教授菅野耕三氏をお招きし、
地質学などの視点から地震のしくみ、おそろしさ、そのための備えを学びました。

2012-3-4-kayano-1.jpg
会場の様子。
地域で進められている自主防災組織のこともあり、皆さん真剣な面持ち。

2012-3-4-kayano-2.jpg
講演はすべてパワーポイントにて行われました。
先生のお話もおもしろく、非常にわかりやすい内容でした。

2012-3-4-kayano-3.jpg
講演終了後には質問の時間となりました。
地震が起こった際には縦ゆれ→横揺れという風になるらしいのですが
その間の秒数に8をかけると、自分のいるところと震源地までが
どれくらい離れているか分かるそうです。
(例)10秒(縦ゆれから横ゆれにかかった時間)×8=80キロ
 だいたい80キロ先に震源地がある。

萱野小地区福祉会では毎年地域にお住まいのかたにとって
ためになる研修会を実施しているので、
関心のあること、とりあげてもらって研修を受けてみたい
などありましたらお近くの地区福祉会関係者のかたや
社会福祉協議会事務局までお声かけください。

地区担当:
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する