災害時図上訓練(DIG)

 DIG地図
 (防災環境をマッピングした東小校区の地図)

 5月28日(木) 東小コミセンで毎月開催されています東小コミュニティ会議に、災害時図上訓練(DIG)の進行役として参加させてもらいました。
 この図上訓練は、社協が推進している支え合いマップとも関連する手法で、地図を使って地域の防災環境を把握し、地域防災の課題を参加者で共有化する取り組みです。
 前回の会議で豊川南小地区が行った内容を紹介したところ、地域防災を考える手法として体験しようという話となり、今回拡大した校区地図を使い実施しました。8名の参加者が集まり、それぞれが持っている情報を地図に落としながら地域の防災上の課題について話し合いました。
 進行役が不慣れで、時間が足りず次回もう一度続きをすることになっていますが、今回だけでも私自身知らなかった様々な情報を得ることができました。次回は、どう助け合うか防災上のソフト面の課題を主に議論していく予定です。
 地域住民なら誰でも参加できる場となっていますので、興味のある方はご参加ください
 
 ●次回日程 6月25日(木)19:00~ 東小コミセン 図書室
  コミュニティ会議については → こちら  ※時間は19時に変更 

関連記事