寄附募集啓発フォーラム

寄附講座

 1月15日(日)市民活動センターで行われた寄附啓発フォーラムに参加してきました。
タイトルは「ファン度を増やそう 寄附募集がひろげる支援者とのつながり」で市民活動センターが今年度行ってきた市民活動応援ファンドやチャリティータウンプロジエクトといった寄附を広げる取り組みと神奈川子ども未来ファンドの米田さんのお話の2本立ての内容でした。
 米田さんのお話で印象に残ったのは「寄附はコミュニケーションこちらの想いだけ伝えても寄附にはつながらない、相手が何を求めているかを知ることが必要。想いに応えてくれたと感じた寄附者は寄附を継続してくれる。お金をもらうことが目的でなく、自分たちの問題意識を知ってもらうことを目的に考えその延長戦に寄附があるとの認識が必要。支援者から力をもらう活動へなど、改めて寄附の基本的な視点を教えてもらいました。
 社協は会費、募金、バザーなど寄附のお願いを色んな形でしていますが、どれだけ寄附者の想いに応えていけているのか考えさせられました。
 地域福祉活動計画のなかでも寄附文化の醸成という項目を掲げており、寄附行為を身近なものにしていく取り組みを考える上で非常に参考になるフォーラムでした。
 内容の詳細はこちら(市民活動フォーラムブログ)

 2月には、NPO向けの寄附講座が3回開催されるようです。寄附集めに苦労されて団体は参加されてはいかがでしょうか。 → チラシ等はこちら
 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する