子育てサロンボランティア交流会

子育てサロン交流会

12月20日、ライフプラザ大会議室において子育てサロンボランティア交流会を開催しました。
現在、子育てサロンは地区福祉会や民生委員児童委員協議会主催で小学校区単位で市内13カ所で実施されています。今回は11校区31名のボランティアの皆さんに集まっていただき、改めての子育てサロンの意義の確認と実践報告、サロン同士の情報交換を行いました。

子育てサロン交流会3
北小地区子育てサロン「もみじっこ」の報告
3つのサロンから報告してもらいました

実践報告、グループ討議のなかで出された意見の一部をご紹介します。

●取り組みのなかで工夫していること
・母親がゆっくりできる時間としてティータイムを設定
・父親も参加できる場の設定(土日開催)
・母親同士が交流できるプログラムづくり
 例)じゃんけんゲーム
・スーパーにポスターを掲示しPR
・地元の保育所、大学との連携
・子育てサロンボランティアの募集

●課題
・参加者が増え会場が狭い
・0歳児の参加者が多く、企画が難しい
・スタッフの確保
・出て来れない母親への取り組み など


 児童虐待の事件が多く起きているなか、子育てで孤立しがちな親がほっとできる場所としてこうした子育てサロンの意義は増しています。行政の保健師さんや子育て支援センターからのPRもあり、会場に入りきれないほど盛況です。サロンによっては多い日には50組100人ちかい親子が参加されています。
 社協としても地域で子育ての実践の場として、ボランティアの輪を広げながらこの取り組みを長く続けていけるサポートをしていきたいと思います。
 年末のお忙しいなかご参加いただいた皆さまありがとうございました。 M

 子ども好きのかた子育てサロンのお手伝いをしてみませんか。興味があるかたは社協までご連絡ください。(参考)子育てサロン一覧

1月の子育てサロン開催予定 

【問合せ】社協 地域福祉課 749-1575
 
子育てサロン交流会2
市保健師さんから「赤ちゃん訪問事業」でサロンのPRをしていることもあり0歳児が増えているとの説明がありました。行政の取り組みと地域の支え合い活動がうまく連携して「子育てしやすい箕面」が進んでいることを実感しました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する