箕面小校区防災研修会が開催されました!

箕面小防災研修会
(箕面市市民安全政策課からのお話)

 11月19日(土)の夜7時から箕面小コミセンにおいて、箕面小校区リーダー会議主催の防災講習会が開催されました。
リーダー会議は、コミセン、青少年を守る会、地区福祉会の三団体の代表が集まり地域課題を話し合う取り組みです。
この研修会は、そのリーダー会議において防災をテーマに自治会と一緒になった取り組みをしていこうと企画されたものです。箕面小校区の19自治会にうち14自治会の参加のもと防災講習と防災支え合いマップの模擬体験が行われました。社協からは、模擬体験の講師役として参加させてもらいました。

 市防災担当からは、大規模災害時に行政ができることの限界が今回の震災ではっきりした。地域で災害時に支え合える組織づくりが必要であり、校区単位の防災組織として地区防災委員会の立ち上げを進めていくことが報告されました。(参考)箕面市防災改革方針
 そうした組織が機能し安否確認、避難誘導をできるようにしていく意味でも、支え合いマップづくりの取り組みは重要と考えています。ぜひ自治会単位でもこの取り組みを普及させていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。 
(参考)福祉会での取り組み → こちらこちら
 

マップづくり
(防災支え合いマップづくりの模擬体験の様子)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する