震災対策支援事業が始まります。

毎年、社会福祉協議会で実施している
震災対策支援事業が今年も始まります。

これは対象となるかたのご自宅に、耐震器具を設置して
安心してご自宅での生活を送ってもらおうという事業
です。

対象となるかたは
○70歳以上のひとり暮らし高齢者
○いずれもが80歳以上の高齢者世帯
○障害者だけの世帯(または80歳以上の高齢者と障害者だけの世帯)

のいずれかに該当する世帯ですお心当たりのかたはお近くの民生委員児童委員のかたか
箕面市社会福祉協議会へ、8月19日までにご連絡ください。

ちなみに耐震器具には以下のようなものがあります。
○L型金具・L型金具ベルト型(家具の頂上部と壁とを固定し転倒を防ぐ)
○ポール式つっぱり棒(天井と家具の間につっぱり棒を立て転倒を防ぐ)
○粘着マット(家具の下に敷き、横滑りを防止する)
○ストッパー(家具の下に差し込み、あらかじめ一方に傾けて転倒を防ぐ

○耐震ラッチ(揺れによる家具の扉の開放と中のものの飛散を防止する)
※耐震ラッチは今年度から追加

震災対策支援サービス
(シルバー人材センター会員による取り付けの様子)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する