サロンで防災研修

 5月31日(火)帝釈時前の聚楽館において東小地区のいきいきサロン粟生外院サロンが開催されました。
約30名の高齢者の参加のもと前半は箕面市市民安全政策課からの「災害時のそなえのお話」後半は民謡サークルどっこいの皆さんの演奏が行われました。

粟生外院サロン
粟生外院サロン2
 箕面市市民安全政策課からは、東日本大震災への箕面市の取り組みの報告と、防災の取り組みとして日頃どんなことに気をつけていかなければいけないかをわかりやすく説明していただきました。
 社協からもひとりぐらし高齢者等へ家具の転倒防止器具を取り付ける震災対策支援事業のPRをさせてもらいました。まだ利用されていない方は7~8月に募集しますので、ご利用ください。

粟生外院サロン3
粟生外院サロン4
 各地区のサロンや敬老会などで引っ張りだこのどっこいさん。いつきいても元気をもらえます。
参加者全員でなじみの民謡を一緒に歌いました。

 大震災で防災への関心が高まっている今、こうした高齢者サロンの場などをつうじて防災に関する知識や備えを確認することは非常に大切と感じました。  
東小地区担当 M

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する