東小地区福祉会総会

東小総会

 5月8日(日)東小地区福祉会総会が開催されました。60名ほどの新旧幹事の参加のもと22年度事業報告・決算、23年度事業計画、予算が承認されました。

 事業報告では、福祉まつりや子ども作文コンクールといった30周年記念事業、被災地支援として地区独自で行った募金や救援物資の収集・寄附活動の報告等がされました。

 事業計画では、昨年度は「孤独死をなくそう」をテーマに幹事会で討議を重ねましたが、今年度は「子ども福祉を考える」がテーマに掲げられました。6月には子どもに関する地域活動をされている人をパネラーにした地域シンポジウムも開催され、子どもたちのことについて地域で考える取り組みが年間を通じて実施されます。
 社協や地区福祉会というと高齢者のイメージをもたれる方が多いと思いますが、社協、福祉会の活動は地域に住む全ての人を対象にしています。子どもの福祉、生活を考えるこうした取り組みから、これまで福祉会に接点が少なかった若い世代の皆さんが地区福祉会の活動に興味を持つきっかけになるのではと感じました。
 東小地区担当 M  
 
東小総会2
(豊沢会長挨拶)


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する