被災地へ児童からお米の寄附

かやの児童お米4

 3月25日(金)萱野小学校児童4名(新6年生)が自分たちが育てたお米(約60kg)を被災地への寄附として持って来てくれました。
 4人からは「このお米を被災地の皆さんのために活用してください」とのメッセージがありました。
各学校で募金活動も行われていますが、子どもたちもひとりひとり自分に何ができるか考え取り組んでくれています。
 できるだけ早くこの物資を被災地へ届けたいと思います。ありがとうございました!

かやの児童お米
かやの児童お米2
(被災地の復旧を願っていますと話してくれました)
かやの児童お米3
(こどもたちのメッセージ入りのお米)
萱野児童
(物資の整理も手伝ってくれました)

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する