介護講習会&北摂ブロック交流会

介護講習会

 11月24日(水)、老人介護者の会の第二回介護講習会が開催されました。前回好評だった中央包括支援センターの黒地さん、高橋さんにもう一度来ていただき、地域包括支援センター業務と介護保険制度の仕組みや国で議論されている介護保険の見直しについての概要についてお話を伺いました。
 今、国では急速に進む高齢化に対応できる財源対策として、2割負担や、ケアプランにも自己負担をもうけるなどの案が出されています。介護保険がスタートして10年ですが介護保険でどこまで対象としていくかも含めた見直しの議論がされているようです。今後の動きに注目です。  (参考)こちら

介護者交流会

 11月29日(月)には、北摂ブロックの介護者の会交流会が吹田福祉会館を会場に行われました。
今回は男性介護ネット事務局長の立命館大学の津止教授による「男性介護者の現状」のお話を聞きました。
 介護者の3人に1人が男性の時代です。ただ男性は介護を抱え込みやすく、虐待や心中事件の7割近くが男性とのことでした。男性介護の現状から介護者支援の仕組み必要性を社会へ訴えたいとのお話でした。
 箕面の介護者の会では男性会員は4名で現役介護者は1名のみです。男性介護者は増えていてもこうした会にはなかなか入る人は少ないのが現状です。市がされています男性介護者のつどいが当事者組織への加入へつながればと思います。


 
関連記事