びわの会総会

びわの会総会

 4月26日(月)社協2階 総合保健福祉センター分館講堂において、びわの会(箕面認知症家族会)の総会が開催されました。
 第1部の総会に引き続き、第2部では「認知症とどうつきあえば良いのですか」という題目で高槻市で認知症のグループホーム、訪問看護を実施している株式会社アットホームの吉田看護師より講演がありました。
 お話では、「認知症ケアに答えはない、その人らしさは人それぞれ違う。それと同じようにケアのあり方も人それぞれ。その人らしさを知ることが大切」「コミュニティケアを進めて行くには、一人ひとりが当事者意識をもって関わらないとかわらない。身近なところで認知症のことを語り合うことが必要。他人ごとでは駄目」とお話されました。
 
 これからの超高齢社会では、認知症の人も比例して増えていきます。「認知症となっても安心して暮らし続けられる地域づくり」をお題目で終わらせないよう、社協もびわの会とともにより具体の取り組みをしていかなければと思いました。
 
 びわの会では、2ヶ月に一度定例会とは別に、井戸端会議という名称で相談会を開催しています。
認知症の方を介護されている方は、ぜひ一度ご参加ください。

びわの会井戸端会議 
6月12日(土)13:30~ 市立老健ボランティアルーム


 【問い合わせ】びわの会 事務局 749-1575
関連記事