fc2ブログ

【社協情報】災害ボランティアセンター設置訓練を実施!

3月19日(土)第2回災害支援ネットワーク会議として「災害ボランティアセンター設置訓練」を行い、10団体20名が参加しました。
災害はいつ起こるかわからないことから、コロナ禍ではありますが、人数を絞った形で実施しました。

箕面市の地域防災計画には災害ボランティアセンターは「市立市民活動センターを中心とするかやのさんぺい橋周辺」に設置すると記載されていることから、今回は「市民活動センター」の会場内での設置訓練を行いました。

はじめに、2018年6月に起きた大阪北部地震での災害ボランティアセンターの状況を共有し

DSCN0664-setumei.jpg

その後は4つの班に分かれて、実際に机や椅子を動かし「模擬 災害ボランティアセンター」をつくりました。

4つの班とは
①ボランティア受付班
②マッチング班
③ニーズ受付班
④送り出し班
です。

そして、ボランティア役、スタッフ役に分かれて、実際に受付をしたり、マッチング作業を行いました。

DSCN0679-uketuke.jpg
ボランティア受付の様子

DSCN0697-uketuke.jpg
ボランティア保険未加入のかたは保険に加入してもらいます。

DSCN0698-matting.jpg
お困りごと(ニーズ)をもとに、何人でどのような作業をするのか、どのご自宅に行くか、近隣に駐車スペースはあるか等、地図を見て確認します。

DSCN0684-okuridasi.jpg
必要な備品を持ち出し、活動へ出発!
帰ってきたら、備品を返却します。

訓練を実施した後、班ごとで振り返りを行いました。

DSCN0712-mi-ting.jpg

振り返りでは、
・受付に人がたまってしまう
・ボランティア活動保険のことをもっと知っていないといけないし、周知しないといけない
・「災害ボランティアセンター運営スタッフ」であることがわかる印(ビブスなど)が必要
・みのお市民活動センターを出た共有部分も災害時、必要であれば使用してもらってよい(キューズモール)
などなど・・・他にもたくさんの意見がでました。

これらの意見を災害ボランティアセンター運営マニュアルに反映させ、
今後も訓練を継続していきたいと思います。

※箕面災害支援ネットワーク会議は以下の4者が企画団体となり実施しています。
 (特活)市民活動フォーラムみのお
 (一社)箕面青年会議所
 箕面市社協ボランティアグループ連絡会
 (社福)箕面市社会福祉協議会


ボランティアセンター担当:松並
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する