FC2ブログ

【社協情報】『新型コロナ禍での連携に向けた意見交換会』を開催しました!

7月28日にライフプラザ本館大会議室で、箕面市社会福祉協議会の組織構成会員の皆様と『新型コロナ禍での連携に向けた意見交換会』を開催しました。

※【組織構成会員】
社協の事業を決定する理事会や、理事会決定の重要事項について広く意見を聞く議決機関である評議員会に参加する機会をもつ会員です。市内で社会福祉活動をしている各種団体・機関・事業者などの法人が対象で、現在の登録は69団体です。


25団体、34名の方々がお忙しい中にも関わらず、集まってくださいました。
ライフプラザ本館の大会議室で多くの方が集まり実施することになるため、三密を避け机の配置を工夫し、受付での検温実施、マイクをお回しする順序を想定、拭き取りを都度行う等、感染予防対策を講じました。

医療、介護、保育、多世代交流、商工、生協等の様々な分野の団体から、
職員、社員、ボランティア、NPO、当事者の方々などの異なる立場の皆さんが一堂に会する、壮観な意見交換会となりました。

組織構成会員の参加者の皆様

各団体の皆様が、緊急事態宣言の前後から取り組まれてきた内容を共有しました。
オンライン会議の導入や、利用者のみならず、職員や社員を守るための対策、従来とは異なる形式でのイベント開催、フェイスシールドの手作り等々……。共通していたのは「どうすればいいか」と悩みながらも試行錯誤を重ね、皆さんが奮闘されていたことでした。

「連絡をこまめに取り合うようになり、新型コロナ以前よりお互いのことがよく分かるようになったところもある」という参加者のお話がありました。これまでに類を見ない新型コロナウイルスという災害ですが、こんな状況だからこそ、皆さんと集まれたのではないかと感じました。今回の危機を前向きな機会にとらえ、各団体の皆様とこれから連携していけたら……。皆様の存在をたいへん心強く感じる意見交換会でした。

今後、参加団体の皆様と「こんなことならできる」、「こんなことをしてほしい」のマッチングを行ったり、リアルタイムの情報共有や双方向での意見交換を実現していくために、各団体参加のメーリングリストを作ることとなり、今回の意見交換会は終了しました。

今回の意見交換会を「特別な1回」とせず、今後も継続的に各団体の皆様と意見をかわし、協働していければ幸いです。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する