fc2ブログ

6月18日大阪府北部地震発生後の社協の対応について


 6月18日7時58分頃に大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生しました。
 箕面市も震度6弱を観測し、6月19日現在、避難所も開設されています。
 地震発生からの箕面市社協の取り組みや現状の一部をご報告させていただきます。



<社協全体>
・午前8時35分、箕面市社会福祉協議会対策本部が設置される。


<ヘルパーステーション>
・派遣予定がない利用者も含め、独居の方たちを中心に電話等で安否確認。
・地震発生時、利用者宅にて対応していたヘルパーは通常業務に加えて、割れた食器の片付けや倒れている物を起こす等の援助を行った。
・利用者が電車での通院のため、駅へ向かっていたが地震のため電車が動かず、自宅へ引き返すもエレベーターが止まっており、地域の人達と力を合わせて車イスをかかえて自宅に戻った。


<地域福祉推進課>
・災害ボランティアセンター立ち上げのためのニーズ調査を実施。
・18日開催予定であった、社協バザー企画委員会・運転ボランティア講習会の出席者に電話にて開催中止の連絡を行った。


<居宅介護支援事業所>
・独居利用者の安否確認。
・デイサービスが休みとなったため、昼間独居となる利用者へヘルパー派遣の手配を行った。


<日常生活自立支援事業(まかせてねット)>
・独居利用者の安否確認。
・ガスの緊急停止解除のため、利用者宅を訪問し復旧手続きを行った。


<団体事務>
・当日予定されていた老人クラブの三役会・理事会の中止を全出席者に電話確認を行った。


<稲デイサービスセンター>
・18日の営業は中止。
・19日より通常営業を行っているが、ガスが止まっている状態。
*6月20日追記 ガスは復旧されました。


<生活困窮者自立支援事業>
・利用者に電話にて安否確認。

<ふれあいホームサービス>
・地震発生による、利用者と協力会員の援助日変更の調整。



 また、地震により介護老人保健施設内のエレベーターが停止したため、食事の配膳に本部職員が応援にいきました。


 箕面市社会福祉協議会では地震によって発生した生活の困りごと(タンスが倒れているが家族だけでは直せない等)の情報の把握に努めています。
 地域の中で何かございましたら、お気軽に072-749-1575までご連絡ください。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する