実習生さん 学んでいます

初めまして。私は佛教大学3回生の柳原一斗です。
この度9月1日から社協で実習生として勉強させていただいております。
実習では、敬老会の準備をはじめとする地区福祉会活動を見学させていただいたり、個別の面談や訪問に同行させていただいています。

実習以前は、社協が目標としている「住みやすい町づくり」について、実際の社協の業務内容を具体的にはイメージできていませんでしたが、実習をすすめる中で、社協の事業は地区福祉会や民生委員など地域住民によるボランティアによって支えられていることが多いのが、最も印象が強いです。
また社協のさまざまな活動に同行させていただき、社協の職員さんと地域の住民さんとの繋がりが深いことや、社会資源や関係機関との連携が密になっていることも実感しました。

実習が終わってからは、私自身がどんな些細なことでも誰かから必要とされ、頼ってもらえるような存在になりたいです。
DSCN0859.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する