高島市へ視察に行ってきました!

視察写真
7月18日(火)地区福祉会会長、民児協役員、社協役員による合同研修として滋賀県高島市へ行ってきました。
今回のテーマは「我が事、丸ごとの見守りネットワークづくり」見守り活動を通じての地域づくりの実践を聞かせてもらいました。
 まずは高島市社協の職員さんから市全体での取り組みの概要についての説明
地域福祉活動の推進単位=区・自治会
三大活動「サロン、見守り、生活支援」 見守りに力を入れることでサロンや生活支援が活性化
見守り活動の取り組みを住民にわかりやすく伝え、関心を高める 広報紙での発信や見守りフォーラムの開催
高島市の見守りのポイント
・地域ぐるみの活動にする
区・自治会、民生委員、福祉推進委員会の三者の合意のもと実施
・気になる人を見守る
対象者を高齢者に限定しない
・見守り会議の開催
情報の共有、活動の振り返りを行う




リーバーサイド区からの実践報告
10年後を考え活動を三世代型へ
子ども見守り隊、ワンコインカフェの実施
リバーサイド区報告
見守りというと限られたメンバーによる活動になりがちですが、子どもに参加してもらうことでその親世代も巻き込んだ地域の横のつながりをつくる取り組みとして実施されていました。『みんなが顔見知りになることで気に掛け合い見守りの輪を広げる』、理想的な実践に驚かされました。
高島では自治会の約半数の地域で見守りネットワーク活動が行われており、箕面市社協が目指すご近所福祉を考えていく上で非常に参考になりました。
お忙しいなか対応していただいた高島市社協、リバーサイド区の役員の皆さまありがとうございました!
地域福祉推進課 松浦
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する