箕面市社会福祉法人連絡会 結成総会

4月28日(金)箕面市社会福祉法人連絡会の結成総会が開催されました
 この連絡会は、社会福祉法の改正に伴い社会福祉法人の地域貢献が義務化されるなか、そうした取り組みをそれぞれの団体だけで行うのでなく組織的にしていくことを目的に結成されました。
箕面市に事業所を持つ社会福祉法人全てが会員となり、社会福祉協議会が事務局を担当します。
 総会では、会則及び役員選出、事業計画、予算案が審議され、初代会長にひじり福祉会の安達 弘氏が就任されました。

会員は以下の18法人20事業所です
○高齢 5法人(ひじり福祉会、暁光会、翠明社、大阪府社会福祉事業団、三養福祉会)
○児童 6法人8事業所(今宮福祉会、みすず学園福祉会、みのり会、ゆたか福祉会、あおば福祉会 箕面保育園、あおば福祉会 瀬川保育園、夢工房 桜保育園、夢工房 紅葉夢保育園)
○障害 6法人(あかつき福祉会、息吹、大阪府障害者福祉事業団、大阪手をつなぐ育成会、福祥福祉会、北摂福祉会)
+社会福祉協議会


 具体の取り組みはこれからですが、社会福祉法人に求められる社会的使命に応えていけるよう、新役員の皆さんと一緒に検討していきます!
 今後の動きはこのブログでも報告していきますので、ご覧ください

地域福祉推進課 松浦 


総会では具田副市長をはじめ、尾上民生常任委員長、藤迫教育長、大阪府社協 井手之上常務理事など多数の来賓の皆さまに来ていただきました


第2部 箕面市健康福祉部長 大橋部長による講演
「箕面市における地域共生社会への取り組みと社会福祉法人への期待」
我が事丸ごとの地域共生社会の実現に向け、社会福祉法人には課題の発見機能の発揮や分野を超えた横断的取り組み、災害時対応といった動きを市としても期待しているとのお話がありました
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する