生活支援サービス事業者等情報交換会


 10月28日(金)箕面市で活動する生活支援サービスの事業所や団体に呼び掛け情報交換会を開催しました。
社協を含めて生協やNPO、株式会社と運営母体も様々な8団体の参加があり、それぞれの活動内容、特徴を報告しあいました。
 活動概要だけでなく、それぞれの活動にかける想いや問題意識を聞くことができました。

出された意見
・身体介護も含めてトータルに何でもやっているが、介護保険との報酬の差が大きい
・ヘルパーの確保が大きな課題。総合事業の緩和型サービスに従事できる研修をはやく実施してもらいたい
・介護保険サービスで出来ないことが多く、そこへ対応できるものが必要とのことで立ち上げた
・移送サービスの希望が多い。どんなところが対応しているか教えてほしい
・会員同士だと関係が近すぎて頼みにくいとの声も。他の団体の情報があるとそうした際に紹介できる
・シルバー人材センターの気軽にサポート隊のように、リタイヤした男性の活躍の場がもっと必要
・住民同士がつながる場が必要だが、会場になる場が取り合いの状態。調理ができる場所が少ない   など


 これから増える生活支援ニーズ、相談内容も多様になってきており、自分たちだけでは対応しきれない依頼も増えています。そうした際に他の団体へ紹介しあえる関係をこうした機会を通じてつくっていければと思っています。
参加者からも続けてほしいとの意見もあり、年2〜3の頻度で実施していくことになりました。
 今後新たに立ち上げる団体も含めて、この輪を広げていきたい思っていますので、参加希望の団体がありましたら社協ふれあいホームサービス担当(☎︎727−9517)までご連絡ください。

ちなみに今回の参加団体は以下のとおり(詳細は団体名をクリック 各ホームページへリンク)
コープこうべむつみ会
高齢サポート みのおステーション
・暮らしのサポート ライフケア
・NPO なにわ和楽日の会
NPO ナルクみのお
ダスキンメリーメイド
結みのお
・社協ふれあいホームサービス
・箕面市高齢福祉室

★地域福祉推進課 松浦 ★
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する