七ヶ浜町社協から感謝状をいただきました

東日本大震災以降、箕面市社協としては宮城県七ヶ浜町社協の復興支援を継続して行っています。

その七ヶ浜町社協では「きずな工房」という場をつくり、被災した皆さんが手づくりを楽しみながら人と人との交流を深める場所として運営されてきました。

箕面市社協も「きずな工房」で作る貝雛の材料になる着物の生地を、箕面市民の皆さんに呼びかけて集め送る、というご協力をしたことがあります。
(当時の箕面市社協ブログ)
http://minohsyakyo.blog35.fc2.com/blog-entry-641.html
(当時のきずな工房ブログ)
http://kizunakoubou7.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

その「きずな工房」が平成28年3月31日を持って閉所するということで、七ヶ浜町より感謝状とお礼の品をいただきました。



P1070138-2.jpg

閉所の理由は、利用者の皆さん全員が高台移転や災害公営住宅へと移られたからだそうです。
今後は、「サークルきずな工房」として新しい活動がスタートするとのこと。
被災地の皆さんの生活がこれまで以上によりよいものになることをお祈りいたします。

これまでの詳しい活動については
七ヶ浜町きずな工房のページをご覧ください。


ボランティアセンター担当:Sa
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する