2016年のご挨拶

新年 あけましておめでとうございます!

P1060817_convert_20151228153022.jpg

社会福祉法人 箕面市社会福祉協議会
    会 長  石 田 良 美



 9月に箕面市社会福祉協議会会長を受けて4か月が過ぎました。

 4年間の地区福祉会活動の中で常に頭にあったのが、社協って?地域福祉って何?といった疑問ばかり。
 福祉会活動は具体的な取り組みから少しずつ分かってきていましたが、地区福祉会から見ているだけの社協は、何をしているのかは今一つわかりにくいところがありました。
 また、毎年、社協会費をお願いするとき、市民の皆様からの質問に明解なお答えができずもどかしさも感じていました。

 社協に来てから、決裁のたびに職員さんにその内容を聞き歩く毎日、日々頭が活性化してきます。
 現在、社協は、地域担当、稲デイ、在宅ケアセンター、地域包括支援センター、ヘルパーステーション、居宅介護支援、学童保育、箕面市立介護老人保健施設、そして法人運営部門など、全部門で326人が働いています。労働形態も、常勤職員、非常勤職員、アルバイト(フルタイムとパート)、登録職員さん・・といろいろです。
 私にはまだ見えてない問題も多々とあるだろうと感じています。

 10月には社協事業について全職員さんの意識調査を実施したのですが、ほぼ全員の皆さんから回答をいただきました。
 その回答からは、職員の皆さんが社協の事業について真面目に真剣に考えておられる姿が伝わってきました。

 今、社協では、社協が本来すべきことは何かといった「社協の将来像」を考えています。
 (いずれ、皆様にもご報告させていただきます。)

 社協の活動が、人々をつなぎ、暮らしのセーフティネットとして、地域の人と一緒に日々の安心と安全なくらしを作り出していけるよう、本年も職員一同、心を合わせて取り組んでいきたいと思います。

 本年も皆様のご協力とご支援のほど、よろしくお願いいたします。


 2016年1月1日
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する