【南小地区】サロンで消火訓練!

10月19日(月)午前10時から、さくらルームみなみにてサロン「あおぞら会」が開催されました。

今回は、箕面市消防本部・予防室のかたに来ていただき、防火についてお話してもらいました。

全国では毎日120件もの火災が発生しており、数年連続で出火原因の第1位は「放火」になっているそうです。
防火という視点でも、ご近所同士の声かけが大切なんですね。

H271019_1.jpg

消火器の構造と使い方について説明を受けたあと、機械をつかって消火訓練をしました。
サロンに参加されたかたも、訓練用の消火器をつかってチャレンジ!
重さは本物と同じくらいあるので、参加者のみなさんは消火器を床に置いて挑戦していました。

H271019_2.jpg

H271019_3.jpg

H271019_4.jpg

火災は、早期発見と初期消火が重要だそうです。
早期発見のため、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられており、さらに箕面市では今年4月から台所への設置が義務付けられています。
箕面市でも、留守宅の警報器が鳴り、ご近所のかたが火災に早く気づいて消火できた事例があるそうです。
ただし、無理に消火活動に取り組むよりも、危険を感じたときは逃げて命を守ることを優先してください。
安全を確保したうえで消防へ連絡してほしい、とお話がありました。

H271019_5.jpg

消防のかたのお話のあとは、皆さんでお茶菓子を囲んでおしゃべりしたり、1曲歌ってゆったりと過ごしました。

次回「あおぞら会」は11月16日(月)午前10時から、さくらルームみなみにて開催されます。
参加してみようかな、今後の予定を知りたい、というかたは、お気軽に社協までお問い合わせください☆


箕面市社会福祉協議会 地域福祉推進課
TEL:749-1575

担当者:S '(・ω・)`

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する