実習生さんが来ています!

P1060432_convert_20150911165529.jpg

 こんにちは。関西大学3回生の只石由実です。
 社会福祉士の資格を取るため、9月1日から箕面市社会福祉協議会で実習をさせていただいています。

 これまでの実習では地域福祉、まかせてねット(日常生活自立支援事業)、学童保育といろいろな分野での社会福祉協議会と地域の関わりを体験させていただきました。

 振り返ってみて一番に感じたことは、社会福祉協議会は地域の住民のかたがたに信頼され、頼られる存在であるということです。
 このような信頼関係を築くことができるのも、職員のみなさんが日々、どうすれば支援の対象になるかたが自立した生活を送ることができるのか、どうすれば住民のみなさんが暮らしやすい地域にできるのかを、真剣に考えておられるからなのだということを学びました。

 私は、地域福祉と相談援助についての両方を学びたいと思っていたのですが、今本当に私が学びたいと思っていることを学ばせていただいているなと実感しています。
 残りの実習期間も一日も無駄にすることなく、できるだけたくさんのことを感じ取り、将来につなげていけるような実習にしたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する