震災対策支援サービス

 家具転倒震災対策


 社協では、歳末たすけあい募金の配分金を活用し、ひとり暮らし高齢者等に、地震の際の家具転倒事故の防止として転倒防止器具の取り付けを実施しています。
 シルバー人材センターの会員が訪問し、L型金具や突っ張り棒等でタンスや食器棚といった家具を固定します。平成17年から実施し、これまで347名の方が利用されています。対策をされていない方はぜひこの機会にお申し込みください。
  ※もみじだより8月号にも掲載しています。ご覧ください

  ●対 象  70歳以上のひとり暮らし高齢者
        80歳以上の高齢者世帯
        障害者のみの世帯
  ●取付け  シルバー人材センター会員
  ●負担金  取り付け器具代の半分
        (最大2,500円)
  ●申込み  担当の民生委員まで  
  ●締 切  8月26日まで
  ●問合せ  地域福祉課 電話749-1575

    
   ※担当の民生委員がわからない方は社協までお問い合わせください
 
 震災対策支援サービス
 (取り付けの様子)
関連記事