「社会福祉協議会」の取組みがドラマ化されます

社会福祉協議会(社協)は日本全国の都道府県・市区町村に設置されている、地域福祉を推進する民間法人です。

ここ数年、社会問題にもなっている「社会的貧困」「社会的孤立」というテーマに、多くの社協が支援に取り組んでいます。
箕面市社協でも、すでに数多くの事例に携わっていますが、このような取り組みがNHKでドラマ化されることになりました。

e41958f157e61bcdbfbafeac52797548.jpg


「ゴミ屋敷」「引きこもり」などの課題を抱える人たちに丁寧にかかわる社協職員の姿が、9回シリーズで放送されます。
モデルは箕面のお隣の豊中市社協の職員で、実際にあった話をドラマにしているようです。

主演は深田恭子さんで、毎回「こんにちは・・・社会福祉協議会のコミュニティ・ソーシャルワーカーです」というセリフが全国に流れます。

NHK総合 午後10時~10時48分
 4月8日~連続9回

ぜひご覧ください!

職員☆

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する